月別アーカイブ

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年


ブログ検索

モザイクピンク 旅するROUROU 京都 お蔵 yurika トメ 刺繍 割引 ROUROUTシャツ トメ キタミ もっとROUROUの日、蓮、唐草、BLUE TOKYOWEEKENDER ツイード、ツイードワンピース、 ROUROUリュック シェアキッチン パンダパフェ trip クレマチス ハマカラ アゾン チュールカットソー ピノ ラメニットカーディガン はなあさぎ 手刺繍 マルチウエイスカーフ巻き方 Tシャツ 代官山 吉祥柄トートバッグ ROUROURADIO ガーベラチュールフリルスリーブカットソー 花浅葱色 都内 アネモネ唐草 男と女のラブゲーム セール、旅するROUROU panda 水彩 ブラック、セットアップ 獅子舞 レース、カーディガン、2017春夏 LOTUSコンチョレザーブーツ ダブルムートンジャージー Vネックカットソー シェルボタン 柳井正 バルーン ファー
ボス
2015-10-27

15年を振り返って

IMG_2079

<株式会社ロウロウジャパンの登記簿謄本>




写真はROUROUの登記簿謄本の一部です。
事業内容の所は設立当初から変わっていません。
この事業目的の項目を見ても、設立前から服づくりだけでなく、
いろいろな事を夢を見て開業したのが分かります。
(まだまだ叶えられてない夢も多いですね)


この15年間いろいろな事がありました。
うまく行かない事、悔しい事、そして失敗の連続だったと言い換えてもいいかもしれません。
店舗を開店させる前から壁にぶつかりました。


まず、店探しで苦労しました。
中華街に縁もゆかりもない僕たちが、なんで中華街という土地を選んだかについて
何度か話した事があるので、既にご存知の方も多いかとおもいます。
「アジアのどこかにある、精神的にも文化的にも進化した国の商品を輸入する」という
コンセプトは開店前から決まっていました。


そのイメージに合う土地を探したら、それは中華街がピッタリ僕たちのイメージに
はまった訳なんですが、ほとんど華僑しかいないこの街で、お金もない、
経験も無い、そしてコネもない僕たちの店探しは中々大変でした。
(当然、当時は華僑に知り合いの一人もいない訳ですから)


鴻源閣


<現ROUROUが元々あった場所で営業していた鴻源閣さん。海老ワンタンの味が絶品でした>




まあ、なんとかお店を見つけ、商売を始める事ができてからも、
事業経験の浅さから資金繰りに行き詰まり、開業してからひと月後に
すぐに倒産しそうになった事は今となっては笑い話です (^_^;)


経験の無い僕たちは生地やパーツをどこで買ったら良いのかさえ
ほとんど知りませんでした。
取引先を探す為に、あちこちに電話をするたびに、開業した場所について
馬鹿にされて悔しい思いをしたものです。


「なんで都内じゃなくて横浜なの?しかもなんで中華街なの?」


口を揃えて訪ねられました。
1年半無休でがむしゃらに働いて、ようやく溜めた資金を元手に代官山に店を構えたのは
そうした悔しさによるものでした。


IMG_2966

<かつてのROUROU代官山店>




資金を使い果たした上に、代官山店が軌道に乗るまで相当時間がかかり、
ここでまた心が折れそうでした。


開店当初、すべての商品をオリジナルにする体力が無く、半分くらいはベトナムを
中心としたアジア各国からの買い付け品でした。
当時アジアブームだった事もあり、それらはそこそこうまく売れました。
ところが、店頭で商品を手に取ったお客さんに「〇〇では〇〇円で売ってたよ」
言われる事もしばしばありました。


そりゃそうです。コンテナで工場から直接大量に仕入れている大手と違い、
僕たちは市場の店先で数個ずつ買い付けて来ていたわけですから
価格で勝負になりません。


それが悔しくて、「ROUROUでしか売ってない、オリジナルデザインの商品だけを店頭に
並べよう」

少しずつオリジナル比率が増えて行きました。
そして「ROUROUらしさ」とはなんなのかについて、じっくり考えていきました。


モノ作りをするには、ある程度の規模感が必要なのもたしかです。
たった1-2店舗で売れる量はわずか。当時あらゆるアパレルメーカーが多店舗展開を
競い合っていた中で、限られた直営店しか持たない僕たちは、作る量も限られていて、
生地メーカーや縫製工場からも足元を見られる事も多く、悔し涙を飲みました。


品揃えのセレクトショップとの差別化をしようと、お客さんを招き、
自前で2000人収容可能なホールを借りてファッションショーを開催したりもしました。
(毎回随分お金使ったなぁ…トホホ)


041211_05SS2

<大桟橋ホールでのファッションショー>




それでも知名度はそれほど上がりませんでした。
それでは、もっと有名になってやろう、と東コレにも参加しました。
パリの展示会にも出しました。
原宿や新宿も出店しました。上海にも店を出しました。


b84ac58d

<懐かしい原宿店。徹底的に遊ぼう!という事で「play room」という店名にしました>




スクリーンショット 2015-10-26 12.31.42


<上海店。毎日トラブルやハプニングがあり、毎晩遅くまでスタッフとskypeしてました>




そして今ではまた開業したばかりのように1店舗を残すのみになってしまいました。
まるで小説・杜子春のようです。


こうして15年を振り返ってみると、もう失敗の連続です。


でも、いつでもそばには支えてくれるスタッフや、助けてくれる取引先、そして僕たちの
作った商品を買い続けてくれたお客様がいました。
横浜では助言をしてくれたり、味方をしてくれる仲間や先輩たちにも恵まれました。


15年前とは全然違います!!


「旅するROUROU」と称し、全国を回りますが、日本全国どこに行っても
たくさんのロウラーさん達が温かく出迎えてくれます。
たった1店舗しかないブランドが、単独でイベントをやって成立するのって、
当たり前のことではありません。

顧客の多さに百貨店の方にも驚かれるほどです。


ドラマの衣装を丸ごと担当させてもらったり、ホテルの全セクションの制服数千着分を
をデザインさせていただくなんて、創業当初は考えてもみませんでした。

本当にありがたいことです。


08-09-13

<NHKの連続ドラマ「上海タイフーン」。主人公がファッションブランドを上海で立ち上げるという事で、衣装だけでなく台本からお手伝いさせていただきました>




ViewMedia

<ローズホテルさんの制服リニューアルに際しては11セクションすべてのユニフォームをデザインさせていただきました>




僕たちは成功こそしてません。
でもつまずいたり転んだり、失敗を繰り返しながらも、たくさんの方たちに支えられ、
どうにかここまで
歩き続けて来る事ができました。
その事をとても誇りに思っています。
そして、それはとても幸せなことだと思っています。


話は変わりますが、これから起業しようとする人に「ビジネスの成功に必要な事は
なんですか?」と尋ねられることがあります。
まだ成功すらしてない僕に質問をすること自体、まず間違えています。(^_^;)


でも、もしその質問に対して考えるとき僕は、本当に必要なものは
「覚悟」
だと思っています。
それは結婚と一緒だとも思っています。


この人(事業)のためなら、全てを失っても構わないという覚悟。
この人(事業)に自分の全てを賭けるという覚悟。
この人(事業)を守り抜くという覚悟。



カッコ良くなくたっていい、とにかく泥まみれになっても大切なモノを守る事さえ
出来れば良いんです。


結婚や事業経営には、お金や経験、コネも必要かもしれませんし、
それらはもちろん無いよりはあった方が良いに違いありません。
でも、本当に必要なモノは「覚悟」なんじゃないかと思んです。
少なくとも僕にとってはそうでした。


これからまた20年、30年と、つまずきながらも時を重ね、この先もみなさんと共に
歩き続ける事ができたらいいなーと思います。


言い訳のようですが、数々の失敗があったからこそ、今のROUROUがあるんだと思います。


今年のファッションショーもこれまでと同じように魂を込めて、企画チームが商品を作ります。
毎回そうですが、今回も「これまでとは違う新しい何か」を取り入れたいと思っています。


どうぞ僕たちの「覚悟」を見に足を運んでください。


また、15周年に際し、みなさんからのROUROUの思い出を募集しています。
ぜひ、あなたにとってのとっておきの写真をエピソードと共にお聞かせください。
https://blog.rourou.com/news/event/25223/


そしてこれからも、ROUROUをどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m