月別アーカイブ

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年


ブログ検索

男と女のラブゲーム バルーン 獅子舞 手刺繍 刺繍 トメ ROUROUリュック モザイクピンク アゾン ブラック、セットアップ レース、カーディガン、2017春夏 yurika ROUROUTシャツ トメ キタミ Vネックカットソー セール、旅するROUROU ハマカラ LOTUSコンチョレザーブーツ クレマチス 都内 割引 はなあさぎ シェルボタン trip パンダパフェ ガーベラチュールフリルスリーブカットソー 吉祥柄トートバッグ ツイード、ツイードワンピース、 ファー panda アネモネ唐草 柳井正 ROUROURADIO 水彩 もっとROUROUの日、蓮、唐草、BLUE 旅するROUROU 京都 お蔵 マルチウエイスカーフ巻き方 ラメニットカーディガン ダブルムートンジャージー シェアキッチン TOKYOWEEKENDER チュールカットソー 代官山 ピノ 花浅葱色 Tシャツ
スタッフ
2006-02-18

4月から。。。

ボス日記でもお知らせしましたが、4月から生産管理強化の為、
バリに行く事になりました。
可愛いデザイン、高い品質、適正な価格、そして心のこもった商品。
特に最後の「心のこもった」と言うところは、ROUROUが
一番こだわって来た事です。
機械的に流れ作業になった商品が当たり前の今、ここにこだわって
商品を作るのは大きなSHOPでは難しい事です。
以前日記にも書いた事があるのですが、心を込めて笑顔で
作った物は違うんですよね。
同じ物を作るにしても、何度もチェックをし、手をかけた物は
本当に良い物が出来て来ます。
これには、デザイナーのイメージ等を正確に理解をし、
ブランドのコンセプトを理解し、正しく工場に伝え、
理解してもらいながら作業をして貰う事が、重要になります。
「形になれば良い。」と言うことは、私たちROUROUでは、ありえません。
工場の人にも同じ気持ちで物作りをして貰うことは、大変難しい事です。
物が出来上がって来るまでに何度もチェックをし、納得の行くまでこだわる。
それには、コミュニケーションが不可欠です。
私は4年近くMAKIと仕事をし、彼女の意図するイメージなども
かなり理解している自信があります。
勿論、ROUROUの精神についてもです。
だからこそ、私が生かせる場だと思います。
今までも現地のスタッフ淳ちゃんが頑張ってくれていましたので、
年に数回行けば良かったのですが、よりクオリティーの高い商品を作り、
現地の特性を生かして行くには、1人では限界の時期だと思いました。
初めての海外生活で不安は勿論ありますが、
心強い味方の淳ちゃんもいますし、慣れない土地ではないので、
おそらく大丈夫。。。。だと思います。
今のところ、年に数回日本に戻り、皆さんとお会いできる機会があると思います。
また、現地からも日記等アップさせて頂きますので、
楽しみにしていて下さいね。
バリにご興味のある方、お勧め情報などもお見逃し無く!!