月別アーカイブ

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年


ブログ検索

旅するROUROU 京都 お蔵 獅子舞 パンダパフェ ピノ チュールカットソー ハマカラ 刺繍 トメ TOKYOWEEKENDER ROUROUTシャツ トメ キタミ ROUROURADIO 都内 手刺繍 yurika ラメニットカーディガン ガーベラチュールフリルスリーブカットソー シェルボタン trip ダブルムートンジャージー アゾン 割引 クレマチス レース、カーディガン、2017春夏 セール、旅するROUROU Vネックカットソー マルチウエイスカーフ巻き方 Tシャツ ブラック、セットアップ ROUROUリュック LOTUSコンチョレザーブーツ ファー 水彩 ツイード、ツイードワンピース、 吉祥柄トートバッグ シェアキッチン もっとROUROUの日、蓮、唐草、BLUE アネモネ唐草 花浅葱色 panda モザイクピンク 男と女のラブゲーム はなあさぎ 柳井正 代官山 バルーン
ボス
2005-11-07

Why ROUROU?

もう秋ですねー。
今日会社に来る途中に自分の影を写したら、足がながーくなりました。
下の写真は元町と中華街の間に流れている川を写したものです。
船が通った後の波模様が、まるでプリント柄みたいに美しいですよね。
05-11-07-1a.jpg05-11-07-2a.jpg

ところでまた、rourouの写真を見つけました。▼
ビッグローブニュース
今回のコレクションにはこれまで経験したことがないくらい、たくさんのテレビ、ラジオ、新聞、雑誌社の方々に取材していただきました。
憧れの雑誌、見ることはあっても載る事はないかもなー的な雑誌社にも取材をしてもらいました。
単純にすごく嬉しいです。
ただ、東コレ参加がROUROUに何をもたらすのか、についてこれからじっくり考えていかないといけないな、と思っています。
東コレは僕達にとって大きな目標のひとつでしたし、これからもできれば続けて参加していければいいな、とは思っているのですが、一体何のために参加するのかということについては、実はこれまであまり考えたことがありませんでした。
nontanの日記にも書いてありましたが、コレクションの発表は間違いなく、僕達にとってクリエーションのクオリティをあげる、すごくいい機会になっています。
大会のために練習を積み上げていく選手のように、ひとつの目標に向かって、みんなで力を合わせ今の僕達に何が出来るのか、どうしたらもっと高い力をつける事が出来るのかを真剣に考えます。
でも、じゃあなぜ高いクリエーションを目指すのかといえば、それはマスコミ関係者たちのためではなく、いつもROUROUの服を着てくれている人たちの為なんだろうなー、って思うんです。
もしかしたら、ROUROUよりも安い服はたくさんあります。
もしかしたら、ROUROUよりもカッコいい、可愛い服はたくさんあります。
もしかしたら、ROUROUよりももっと近所に服屋さんはたくさんあります。
それでも、なんでみんながROUROUの服を着てくれているかって事について、最近よく考えるんです。
東コレ参加は僕達にとってはとても嬉しい出来事でしたが、それがロウラーのみなさんにとっても、すばらしい出来事になるように、これまで以上に着てくれる人たちの事を考えながら服作りをしていきたいと思います。