月別アーカイブ

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年


ブログ検索

余韻 代官山 Vネックカットソー ツイード、ツイードワンピース、 ボンディング ROUROU23周年 セール、旅するROUROU TOKYOWEEKENDER バルーン 22周年限定アイテム アゾン 旅するROUROU 京都 お蔵 Tシャツ 花浅葱色 秋冬コレクション 獅子舞 柳井正 レース、カーディガン、2017春夏 刺繍 ファー ハマカラ チャイナ釦 パンツ PVC 蓮、孔雀、象 はなあさぎ 吉祥柄トートバッグ ROUROU2022秋冬受注会 野いちご 大船 ROUROUTシャツ トメ キタミ LOTUSコンチョレザーブーツ 折りたたみ傘 panda アネモネ唐草 ROUROURADIO シェルボタン チャイナ釦タートル マルチウエイスカーフ巻き方 ガーベラチュールフリルスリーブカットソー ラメニットカーディガン マイクロファイバー シルクスカーフ クレマチス ブラック、セットアップ トメ
スタッフ
2005-03-19

すてきなほん byアヤノ

読みました。今期直木賞受賞作品『対岸の彼女』バイ角田光代。
いやあ、良い味出してますね今回も。
ひとことで言うとストーリー・オブ・オンナトモダチ。
立場も違う、ものの見方も、持っているものもいないものも違うおんなの友情のお話。
ちょっと前に、角田さんのほんと出会い、毎回読み終わるたびなんかずんずん好きになっていく私。
何が良いって、角田さんの物語に出てくる登場人物の不器用さや危なっかしさ。
そしてなにかと「自分の居場所」を探している登場人物たちの、心の揺れが繊細に、
リアルに描かれているところ。
登場人物に自分が「似てる」って思うことも多いし。
きっとスゴク素直な人なんだろうなと思う。
角田さんは。
物事に対する姿勢が、きっと真剣でまっすぐなひと。
地味ではあるけど、やさしい染みこみかたをする文章を書くことからも、
まっすぐだけどしなやかさももった女性なんじゃないかと勝手に想像しております。
プレスの高倉姉さんは、角田さんに会ったそうです。
なんとうらやましい。素で会いたい。
会う、というか一緒にお酒を飲みたい作家さん。
実現する日はくるんでしょうか?
とにかくこれからも「すてきなほん」を書き続けてほしいです。